スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿と東海、中四国で梅雨入り…気象庁発表(読売新聞)

 気象庁は13日、近畿や東海、中四国の各地方が梅雨入りしたとみられると発表した。近畿は平年より7日、昨年より10日遅かった。

 同庁によると、日本列島の南海上の太平洋高気圧が勢力を強め、押し上げられた梅雨前線がしばらく停滞する傾向がみられるようになったとしている。

<国交省>11年度の公共事業費 10年度水準以上に要求へ(毎日新聞)
参院選候補、40人に=みんな(時事通信)
<「命の教室」>中高生に広がる…犯罪被害者の遺族講師に(毎日新聞)
企業献金、全面禁止を=菅首相(時事通信)
口蹄疫、非常に危険な状態=農水相(時事通信)
スポンサーサイト

福岡・芦屋町が組事務所購入、住民の不安対応(読売新聞)

 福岡県芦屋町が、指定暴力団・福博会(本部・福岡市博多区)系の太住会誠会から組事務所の買い取りを要請されていた問題で、町は31日、家屋の取り壊しを条件に土地を約174万円で買い取ることを決めたと発表した。

 県警によると、自治体が暴力団から直接公金で土地・建物を購入するのは異例という。

 県警によると、この組事務所では昨年8月に組関係者の男性が射殺された。その後、男性を射殺したとみられる組幹部が同県遠賀町で遺体で見つかり、組長も自殺を図った際に銃刀法違反(所持)容疑で逮捕された。組は解散状態で、事務所は空き家となっている。

 組事務所は芦屋町山鹿の住宅街にある一軒家で、土地約105平方メートルと木造平屋住宅は元組長(63)所有。町によると、組長の代理人が昨年11月、町役場を訪れ、土地・建物の買い取りを求める私有地買収申請書を提出した。これを受け、町は買収の是非を検討していた。

 周辺住民からは「このままでは不安」と買い取りを望む声が寄せられる一方で、「公金が暴力団に渡るのは抵抗感もある」との声も聞かれた。波多野茂丸(しげまる)町長は「別の暴力団に組事務所として使われる恐れもあり、周辺住民の精神的苦痛も続く」とし、買い取りを決定。元組長側と金額などの交渉を続け、31日に売買契約を締結し、町議会全員協議会で了承された。購入額は不動産鑑定士による土地評価額に基づいているという。

 福岡県では4月、全国で初めて暴力団に資金提供した場合の罰則を定めた暴力団排除条例が施行された。今回の買い取りについて、県警は「暴力団の活動を封じ、住民の安心・安全のための措置で、購入額も市場価格に基づいており、法外ではないので、利益供与には当たらない」と、条例違反ではないとする認識を示している。

 指定暴力団・道仁会の佐賀県みやき町への進出阻止に尽力した同県弁護士会の焼山敏晴弁護士(59)も「町の措置は一定の評価はできる」としながらも、「今後、同様のケースが起きた場合、暴力団に多額の公金を支払うことのないように注意が必要」と指摘する。

宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)
たちあがれ日本 杉村太蔵氏を公認候補として擁立(毎日新聞)
言わざる小沢氏、代表選対応に民主内ピリピリ(読売新聞)
高齢女性縛り2000万強奪=男2人が民家侵入―東京・小平(時事通信)
警察職員、反則切符盗まれる=帰宅途中に560枚―千葉(時事通信)

福島消費者相の罷免決まる、閣議で署名拒否へ(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡る政府の対処方針について、臨時閣議での署名を拒否する社民党党首の福島消費者相が28日夜、罷免されることが決まった。

 福島消費者相は同日、移設先を米軍キャンプ・シュワブがある「沖縄県名護市辺野古」と明記した日米共同声明について反発する一方、自発的辞任は否定していた。

首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
<普天間移設>シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り(毎日新聞)
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
無免許まつ毛エクステ、サロン経営者ら書類送検(読売新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」 農家に不安(毎日新聞)

さいたまのリフォーム会社社長を逮捕 詐欺容疑、被害総額約3億円か(産経新聞)

 さいたま市大宮区の住宅リフォーム会社「誠光ホーム」の社員らが、一戸建て住宅を訪問して「水道管が壊れて水が漏れている」などとうそをいって工事代などをだまし取った疑いが強まり、埼玉県警は19日朝、詐欺の疑いで同市西区、同社社長、大竹誠容疑者(36)を逮捕した。

 県警は同日早朝、大竹容疑者に任意同行を求め、取り調べを行っていた。

 捜査関係者によると、社長は平成21年ごろ、数人と共謀して、埼玉県内の高齢者の男性宅を訪れ、床下の点検をした後「水道管が壊れていて水が漏れている」などとうそをついた上、床下に除湿効果のある調湿剤をまいただけで実際には工事をしていないのに、材料費や工事代名目で金をだまし取った疑いが持たれている。

 同社による同じ手口の被害は埼玉など北関東で確認されており、県警では、被害者は約1500人、被害総額は約3億円に上るとみている。県警や国民生活センターなどに相談が寄せられていた。

 すでに詐欺容疑などで同社関係者6人が逮捕、起訴されており、県警では社長が事件の中心人物とみている。

 捜査関係者によると、誠光ホームは18年ごろから活動。ライトバンで営業活動に向かい、訪問先では家主に、「無料で点検します」などといって水道管や床下を点検していたという。県警は昨年、同社を家宅捜索していた。

【関連記事】
失業者支援を虚偽申請 詐欺容疑で無職男逮捕
排ガス低減装置で詐欺容疑 神奈川、部品会社社長逮捕
「カード預かる」で128万円被害 静岡
振り込め詐欺捜査…実は警察装う詐欺団 1カ月で荒稼ぎ2400万円
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川
中国が優等生路線に?

<木曽三川公園>シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
<みんなの党>新人の松田氏擁立 参院選東京(毎日新聞)
小沢氏、再聴取 沈黙貫く首相/党内「戦えぬ」 参院選へ影響は不可避(産経新聞)
パロマ有罪「公正な判決に感謝」と涙の母(読売新聞)
皇后さまがご給桑(産経新聞)

住宅ローン名目4680万円詐取容疑、組員ら4人逮捕(産経新聞)

 住宅ローン名目で金融機関から4680万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査4課と住之江署は8日、詐欺容疑で、大阪市東住吉区西今川、山口組系暴力団組員、杉田健司容疑者(49)と、大阪府大東市深野北のイベント会社経営、山根真一容疑者(40)ら4人を逮捕したと発表した。府警によると、杉田容疑者は容疑を認め、山根容疑者は否認しているという。

 逮捕容疑は、平成21年9月、杉田容疑者の自宅購入のため、実際には無職だった杉田容疑者が山根容疑者の会社で働いているとする虚偽の書類を作成し、金融機関に住宅ローンを申請、4680万円の融資を受けたとしている。

 府警によると、同年12月に1度だけ32万円を支払った以降は、返済していなかったという。

【関連記事】
介護マンション詐欺 巧みな手口で勧誘
組長が市営住宅の家賃減免悪用 兵庫県警が逮捕状
「劇場型」の投資勧誘にご用心
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
振り込め被害970万円 GWで長男帰省、気付く

日米協議「国益、世界平和のため」=鳩山首相(時事通信)
長谷川等伯の心を映し出す本法寺(産経新聞)
津波の恐怖 時超え伝える 八戸海保で被害写真50枚発見(河北新報)
神奈川県議が首相らに申し入れ=「政治とカネ」で説明責任を(時事通信)
がんばれ!義肢ウミガメの悠ちゃん 神戸・須磨水族館(産経新聞)
プロフィール

つちだかねはる

Author:つちだかねはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。